矢印 外部サイト ビル バツ印 ダウンロードアイコン フォルダアイコン 外窓アイコン(フッター) 人物アイコン メールアイコン 動画アイコン(円形) 動画アイコン(長方形) スライダー矢印 スライダー矢印

独自に行った調査や
非公開事例の資料・
コンテンツ

ダウンロード
  • TOP
  • セミナー一覧
  • 著者登壇『リスキリングは経営課題』から学ぶ~リスキリングをバズワードで終わらせないために~
著者登壇『リスキリングは経営課題』から学ぶ~リスキリングをバズワードで終わらせないために~

著者登壇『リスキリングは経営課題』から学ぶ~リスキリングをバズワードで終わらせないために~

2024年2月1日(木) 11:30~13:00(ルームオープン11:20)
御社のリスキリング施策、うまく進んでいますか?
人的資本経営、生成AIの登場など、急速な変化が企業の人材への向き合い方を変化させています。リスキリングという号令の下、様々な「学びの機会」に取り組む企業も増えていますが、思うように施策が進まない、このやり方で正しいのかわからない、より前に進めるためにはどうすればいいのか?など、2024年は新たな課題が顕在化するでしょう。本セミナーでは、日本の人事部「HRアワード2023」書籍部門で入賞した『リスキリングは経営課題 日本企業の「学びとキャリア」考』の著者・小林祐児氏をゲストに招き、当社シニア・コンサルタントがリスキリング施策に取り組む企業の立場に立って、リスキリングの実践ポイントを引き出します。

開催概要

日時
2024年2月1日(木)11:30~13:00(ルームオープン11:20)
会場
Web環境にて視聴いただける「Webセミナー」となります。 お申し込みいただきました後、開催日前に事務局より視聴用URLをメールにてお伝えいたします。
受講料
無料
定員
60名
主催
パーソルワークスイッチコンサルティング株式会社

プログラム

【1】挨拶
【2】『リスキリングは経営課題 日本企業の「学びとキャリア」考』の著者に聞く!
リスキリング施策に取り組む企業がリスキリングを実践するためのポイント
【3】質疑応答

問い合わせ先

パーソルワークスイッチコンサルティング セミナー担当者
ws_marke@persol.co.jp

講師 Profile

株式会社パーソル総合研究所
上席主任研究員

小林 祐児 氏

NHK 放送文化研究所に勤務後、総合マーケティングリサーチファームを経て、2015年入社。
労働・組織・雇用に関する多様なテーマについて調査・研究を行っている。
専門分野は人的資源管理論・理論社会学。
著作に『リスキリングは経営課題 日本企業の「学びとキャリア」考』(光文社)、『早期退職時代のサバイバル術』(幻冬舎)など多数。
現在の主な研究領域は働き方改革・ミドル・シニア層の活性化・転職行動とキャリア選択・就業における主観的幸福感・アルバイト・パート領域のマネジメント・大卒者の就職活動・アンコンシャス・バイアスなど多岐。

パーソルワークスイッチコンサルティング株式会社
人的資本R&D部
部長

成瀬 岳人

2003年より、IT業界にてテクニカルコミュニケーション業務、技術者派遣営業に従事。
2012年より、業務コンサルタントとして複数プロジェクトに従事した後、2015年にワークスタイル変革コンサルティングサービスを立ち上げ、複数社の労働時間改善やテレワーク導入を支援。
2020年より、事業開発担当としてキャリア自律支援サービス「プロテア」、デジタル人材育成支援サービス「Work Switch +DIGITAL」の立ち上げを指揮。
2023年より、現職(人的資本R&D部)にて”はたらくWell-being”関連ソリューションの研究開発を担う。