矢印 外部サイト ビル バツ印 ダウンロードアイコン フォルダアイコン 外窓アイコン(フッター) 人物アイコン メールアイコン 動画アイコン(円形) 動画アイコン(長方形) スライダー矢印 スライダー矢印

独自に行った調査や
非公開事例の資料・
コンテンツ

ダウンロード
  • TOP
  • セミナー一覧
  • 変化の速い時代にあったシステム導入プロジェクトのあるべき姿とは
変化の速い時代にあったシステム導入プロジェクトのあるべき姿とは

変化の速い時代にあったシステム導入プロジェクトのあるべき姿とは

2024年3月13日(水) 12:00~13:00(ルームオープン11:50)
本セミナーでは、株式会社ケイズコーポレーションと株式会社セールスフォース・ジャパンの2社をお迎えし、変化の速い時代に合ったシステム導入プロジェクトのあるべき姿をお伝えします。上流から下流を見据えるプロジェクトの進め方、システム導入失敗の8割と言われる要件定義の失敗しないコツなど、各社のコンサルタントの経験に基づく討論を交えながら、企業がシステム導入で失敗しない進め方をお伝えします。
次の方におすすめのセミナーとなります。
・経営層/情報システム部長
・要件定義を実施する業務担当者
・上手くシステムが活用できていない方
☆無料特典☆
投影資料の一部ダウンロード

開催概要

日時
2024年3月13日(水)12:00~13:00(ルームオープン11:50)
会場
Web環境にて視聴いただける「Webセミナー」となります。 お申し込みいただきました後、開催日前に事務局より視聴用URLをメールにてお伝えいたします。
受講料
無料
定員
60名
主催
主催:パーソルワークスイッチコンサルティング株式会社
共催:ケイズコーポレーション株式会社

プログラム

【1】ご挨拶
【2】時代に合った先を見据えたプロジェクトの進め方とは
システム導入、業務改善を行ってきた各企業のコンサルタントが、上流工程での検討ポイントやプロジェクト推進のあるべきについてお伝えします。

株式会社 ケイズコーポレーション
クラウド第1事業部
事業部長 伊地知 佑樹氏

パーソルワークスイッチコンサルティング株式会社
営業DXコンサルティング部
マネジャー 小島 一記 
【3】システム導入の失敗の8割が要件定義!? 要件定義を成功させるためのコツを徹底討議!
システム導入における成功事例と失敗事例を元に、システム導入に精通したケイズ社、業務改善に精通したワークスイッチ社2社で失敗原因や成功理由を徹底討議し、要件定義を成功させるためのコツを紹介いたします。

株式会社 ケイズコーポレーション
クラウド第1事業部
事業部長 伊地知 佑樹氏

パーソルワークスイッチコンサルティング株式会社
営業DXコンサルティング部
マネジャー 小島 一記 
【4】業務に根付くSalesforce活用のためのインプリトレンド
Salesforceは顧客の一元管理を得意とし、フロント・ミドル・コーポレートなど、部門を超えた仕事を円滑に進めるためのクラウド型ソフトウェアです。更なる生産性と複雑化する業務に対応するため、どのような検討プロセス・導入プロセスを経てSalesforceが活用されているか最新トレンドをご紹介します。

株式会社セールスフォース・ジャパン
ソリューション統括本部 B2Cソリューション本部
シニアマネージャ 苗加 咲子氏

株式会社 ケイズコーポレーション
クラウド第1事業部
事業部長 伊地知 佑樹氏
【5】質疑応答&次回セミナーご案内

問い合わせ先

パーソルワークスイッチコンサルティング セミナー担当者
pwsc_marke@persol.co.jp

講師 Profile

パーソルワークスイッチコンサルティング株式会社 
営業DXコンサルティング部 マネジャー 

小島 一記

ITコンサルタントとして、人材、製造業、商社、金融業界等の顧客に対してシステム検討、提案、導入の支援を経験。
パーソルワークスイッチコンサルティングにて、Salesforceサービスの立ち上げ、拡大を行う。 

株式会社 ケイズコーポレーション
クラウド第1事業部 事業部長

伊地知 佑樹氏

Salesforceインプリ事業にて大型プロジェクトのPMを歴任。
Salesforce導入経験が11年であり、営業管理をはじめコールセンター、フィールドサービス等様々な業種/業態にに対して、Salesforceの導入を行う。

株式会社セールスフォース・ジャパン
ソリューション統括本部 B2Cソリューション本部 シニアマネージャ 

苗加 咲子氏

セールスフォース・ジャパンにて、人材・建設・ホスピタリティー業界顧客向けのソリューション提案を、Salesforce Platformからマーケティング、インテグレーション、BIまでSalesforce360にて行う。