矢印 外部サイト ビル バツ印 ダウンロードアイコン フォルダアイコン 外窓アイコン(フッター) 人物アイコン メールアイコン 動画アイコン(円形) 動画アイコン(長方形) スライダー矢印 スライダー矢印

独自に行った調査や
非公開事例の資料・
コンテンツ

ダウンロード
熊倉 晃太
熊倉 晃太

目指すのはクライアントの圧倒的勝利。
挑戦と成長ができる環境で、一歩を踏み出してほしい

中途

2017年入社

熊倉 晃太

ゼネラルマネージャー

専門領域

テクノロジー導入

RPA

ゼネラルマネージャーとして4つのグループをまとめている熊倉さんの前職は、IT企業のエンジニアです。
転職後は仕事へのやりがいを強く感じながら、会社の制度を活用してワークライフバランスも実現しています。
転職の決め手となったワークスイッチの組織風土や、コンサルティングにおいて心がけていること、転職成功のコツについてお話をうかがいました。

転職で実現した、仕事の喜びとワークライフバランス

エンジニアから異業種のコンサルタントへ転職した理由を教えてください。

提供するサービスを使う方の顔が見られる仕事、導入や改善までをサポートできる仕事がしたいと考えて転職しました。
前職は自社開発ソフトをECサイトで販売するIT企業のエンジニアで、決済などのECシステム全般を担当していました。
どんな方がどんな目的で購入しているのかもわからないので、自分の仕事が誰かの役に立っているという実感も薄く、喜びや達成感を味わえるシーンが少なかったんです。
仕事もハードだったので、子どもの誕生を機にワークライフバランスを整えたいと考えたのも転職の理由のひとつでした。

熊倉 晃太

伴走するようにクライアントをサポートするコンサルタントという職業はぴったりですね。
ワークライフバランスは、転職をしてから整いましたか?

基本的に自分の裁量でスケジュールが組めるので、格段に整いましたね。
入社して2年後にふたりめの子どもが生まれた際にはフレックス制度やテレワークを活用して、育休を取らずに育児と仕事を両立できました。
朝早くから仕事をして17時に退社すれば幼稚園や習い事の送迎もできますし、テレワークのときは洗濯や食器洗いも休憩時間にできるので、今後も上手く活用していきたいです。
転職後は子どもと遊んだり、家族と過ごしたりする時間が増えて、精神的にもゆとりを持って仕事に取り組めています。

言い続け、やり続ける。挑戦と成長を生み出す環境

ワークスイッチを転職先に選んだ理由をお聞かせください。

自由で明るい組織風土と意欲的な姿勢が、自分の性格や考え方に合っていると感じたためです。
当時のワークスイッチは、今以上に新しいサービスをどんどん立ち上げていくタイミングでした。心機一転、いろいろなことに挑戦していきたいと考えていた私と、会社のベクトルが一致したんです。

実際に入社してみて、思っていたとおりの環境でしたか?

思っていた以上に何も決まっていなくて、あまりの自由さに戸惑ったこともありました(笑)。
今でこそ人数規模は大きくなりましたが、詳細が固まっていない部分があっても「まず進めてみよう、動いてみよう」といった組織風土は変わっていません。
年齢や経験ではなく「やりたいことはやってみたら」と挑戦が受容される環境だからこそ、成長できると感じています。

熊倉 晃太

具体的にどのような方であれば、ワークスイッチで活躍できると思われますか?

やりたいことや自分の意志を明確に持ち、自分で考えて動ける方ですね。挑戦には勇気が必要ですが、そこで一歩前に踏み出す努力ができる方はワークスイッチで活躍できると思います。
ただ、挑戦できる環境があっても、それを活かして活躍するには自主性が重要になるので、上からの指示を待ってしまいがちな方は働きにくさを感じるかもしれません。

熊倉さんが部下の方に指示をすることはないのでしょうか?

上司としてアドバイスやサポートをすることはあっても、トップダウンの一方的な指示はしたくないと考えています。
チームメンバーと議論をするのも好きなので「こういうことがやりたいです」と積極的に意見を出してくれる方と一緒に働けたら嬉しいです。

積極的に意見を出し、挑戦を恐れず前向きに努力できる方が、ワークスイッチで活躍できる人材なのですね。

そうですね。実際に今、ワークスイッチで活躍しているのは、自ら言い続けてやり続けてきた方たちです。
やりたいことがあるのに公表するのが恥ずかしいと考えたり、どうせ無理だと諦めたりした経験をお持ちの方もいらっしゃると思うのですが、ワークスイッチではどんどん挑戦して、どんどん成長してほしいですね。
そのための環境づくりも、チームをまとめる立場である自分の役割だと考えています。

クライアントを圧倒的に勝たせたい!

お仕事をするうえで、コンサルタントとして心がけていることはありますか?

クライアントに興味を持ち、徹底的に知ることを心がけています。
ワークスイッチでは売り上げを伸ばすためよりも、企業の業務効率化を目指したコンサルティングが多いので、クライアントをどれだけ知っているかが重要になってくるんです。
そして、知っていくうちに自然と企業そのものを好きになり「クライアントを圧倒的に勝てる企業にしたい」という思いで、いつも仕事をしています。

熊倉 晃太

熊倉さんがワークスイッチで成し遂げたいと考えていることの達成率は、現在何%だと感じていますか?

提供するサービスを使う方の顔が見られて、導入や改善までをサポートするという当初の転職目的は100%達成できています。
今後はクライアント企業はもちろん、取引先企業や、ワークスイッチを含むパーソルグループが、同じ領域の企業に対して優位性を示せるサービスや企画をどんどん立ち上げていきたいです。
実現できればクライアントの勝利に繋がっていくと考えているので、現時点での達成率としては30〜40%ですが、100%を目指して挑戦を続けていきます。

自分自身を変える一歩を、ワークスイッチで。

転職成功のコツはどういったところにあると考えていらっしゃいますか?

これまでに培ってきた知見やスキルは引き出しとして持ちながら、素直な気持ちで新しい知識を取り入れようとする姿勢が大切だと考えています。
知らないことに対して興味を持ち、仕事を楽しもうとするマインドを持てると、知識以外の部分も追いついてくると思いますよ。

熊倉 晃太

ワークスイッチへの転職を検討している方に向けて、メッセージをお願いします。

ワークスイッチでは思っている以上に自分の意見が反映され、世の中に出ていく喜びや達成感を味わえます。
年功序列やトップダウンの風習がある会社でモヤモヤを抱えていたり、このまま終わりたくないと思っていたりするならば、ぜひ入社していただきたいです。
自分自身を変えるために、一歩を踏み出してみませんか?

関連サービス